サービスインと切り戻しについて

先日、お客様サイドで新規システムのリリース対応がありました。自分はリリース支援という形で現地で待機していました。

しかし、新旧システム間のデータ移行が想定通りにできなかったようで、最終的には切り戻しとなりました。ちなみに、「切り戻し」とは、新規システムのリリースを取り止めて旧バージョンのシステムに戻すことを指します。

今回、全体のデータ量が多く、データ移行自体に相当の時間を要することに加えて、たびたびデータの不備(不整合)があったようです。お客様サイドでは、データを直しながらリトライしていましたが、さすがに終わる見通しが付けられなかったようです。というか、対象がECサイトであったため、これ以上、サービスを停止できないと判断されました。それでも、切り戻しの判断が下るまでは長い時間を要しました。

なんとかリリースをやり切って新規システムをサービスインしようという意思は感じましたが、もう少し早いタイミングで決断できなかったものか。もしかしたら、自分たちの見える範囲ではやり切れるという自負があったのかもしれません。しかし、見えないところに深い落とし穴があるものです。

事前にリリース計画や作業手順は準備していても計画通りにいかないことはあると思います。計画にないタスクを手探りな状態で進めると、次第に思考の冷静さを欠いていきます。その結果、重要な判断が先延ばしになり、ズルズルと長い時間に亘って悪い状況が続くことになります。

そうなる前に勇気をもってストップをかけられるか、切り戻しという決断ができるか、これが重要だと思いました。もちろん、事前に切り戻しの計画を立てていることも重要です。切り戻しで事故ったらどうしようもないので。

ただ、当事者というのはなかなかこういう決断ができないものです。なので、マイルストーンを置いてこれに従うことを徹底するのがポイントだと思います。それか、当事者以外のひとがスケジュールを管理するとか。

また、システムは、切り戻し可能で、かつ切り戻し易いアーキテクチャにすることが大事だと思います。

今回、自分はリリース支援という形で直接的にリリース作業に関わってはいなかったのですが、いろいろと学びがありました。ちなみに、この日は28時間勤務(汗)となりました...。