読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

java.util.function パッケージのインタフェースサマリー (用途別)

公式ドキュメントにインタフェースのサマリーが記載されているが、アルファベット順でイマイチ読み辛いので用途別に並べる。

java.util.function (Java Platform SE 8)

Supplier インタフェース

インタフェース 説明 抽象メソッド
Supplier<T> 結果のサプライヤを表します。 get()

Supplierの戻り値に対するプリミティブ特殊化型

インタフェース 説明 抽象メソッド
IntSupplier int値の結果のサプライヤを表します。 getAsInt()
LongSupplier long値の結果のサプライヤを表します。 getAsLong()
DoubleSupplier double値の結果のサプライヤを表します。 getAsDouble()
BooleanSupplier boolean値の結果のサプライヤを表します。 getAsBoolean()

Predicate インタフェース

インタフェース 説明 抽象メソッド
Predicate<T> 1つの引数の述語(boolean値関数)を表します。 test(T)

Predicateの引数に対するプリミティブ特殊化型

インタフェース 説明 抽象メソッド
IntPredicate 1つのint値引数の述語(boolean値関数)を表します。 test(int)
LongPredicate 1つのlong値引数の述語(boolean値関数)を表します。 test(long)
DoublePredicate 1つのdouble値引数の述語(boolean値関数)を表します。 test(double)

Predicateの引数の数における特殊化型

インタフェース 説明 抽象メソッド
BiPredicate<T,U> 2つの引数の述語(boolean値関数)を表します。 test(T, U)

Consumer インタフェース

インタフェース 説明 抽象メソッド
Consumer<T> 単一の入力引数を受け取って結果を返さないオペレーションを表します。 accept(T)

Consumerの引数に対するプリミティブ特殊化型

インタフェース 説明 抽象メソッド
IntConsumer 単一のint値引数を受け取って結果を返さないオペレーションを表します。 accept(int)
LongConsumer 単一のlong値引数を受け取って結果を返さないオペレーションを表します。 accept(long)
DoubleConsumer 単一のdouble値引数を受け取って結果を返さないオペレーションを表します。 accept(double)

Consumerの引数の数における特殊化型

インタフェース 説明 抽象メソッド
BiConsumer<T,U> 2つの入力引数を受け取って結果を返さないオペレーションを表します。 accept(T, U)

BiConsumerの引数に対する特殊化型

インタフェース 説明 抽象メソッド
ObjIntConsumer<T> オブジェクト値とint値の引数を受け取って結果を返さないオペレーションを表します。 accept(T, int)
ObjLongConsumer<T> オブジェクト値とlong値の引数を受け取って結果を返さないオペレーションを表します。 accept(T, long)
ObjDoubleConsumer<T> オブジェクト値とdouble値の引数を受け取って結果を返さないオペレーションを表します。 accept(T, double)

Function インタフェース

インタフェース 説明 抽象メソッド
Function<T,R> 1つの引数を受け取って結果を生成する関数を表します。 apply(T)

Functionの引数に対するプリミティブ特殊化型

インタフェース 説明 抽象メソッド
IntFunction<R> 1つのint値引数を受け取って結果を生成する関数を表します。 apply(int)
LongFunction<R> 1つのlong値引数を受け取って結果を生成する関数を表します。 apply(long)
DoubleFunction<R> 1つのdouble値引数を受け取って結果を生成する関数を表します。 apply(double)

Functionの戻り値に対するプリミティブ特殊化型

インタフェース 説明 抽象メソッド
ToIntFunction<T> int値の結果を生成する関数を表します。 applyAsInt(T)
ToLongFunction<T> long値の結果を生成する関数を表します。 applyAsLong(T)
ToDoubleFunction<T> double値の結果を生成する関数を表します。 applyAsDobule(T)

Functionの引数および戻り値に対するプリミティブ特殊化型

インタフェース 説明 抽象メソッド
IntToLongFunction 1つのint値引数を受け取ってlong値の結果を生成する関数を表します。 applyAsLong(int)
IntToDoubleFunction 1つのint値引数を受け取ってdouble値の結果を生成する関数を表します。 applyAsDobule(int)
LongToIntFunction 1つのlong値引数を受け取ってint値の結果を生成する関数を表します。 applyAsInt(long)
LongToDoubleFunction 1つのlong値引数を受け取ってdouble値の結果を生成する関数を表します。 applyAsDobule(long)
DoubleToIntFunction 1つのdouble値引数を受け取ってint値の結果を生成する関数を表します。 applyAsInt(double)
DoubleToLongFunction 1つのdouble値引数を受け取ってlong値の結果を生成する関数を表します。 applyAsLong(double)

Functionの引数の数における特殊化型

インタフェース 説明 抽象メソッド
BiFunction<T,U,R> 2つの引数を受け取って結果を生成する関数を表します。 apply(T, U)

BiFunctionの戻り値に対するプリミティブ特殊化型

インタフェース 説明 抽象メソッド
ToIntBiFunction<T,U> 2つの引数を受け取ってint値の結果を生成する関数を表します。 applyAsInt(T, U)
ToLongBiFunction<T,U> 2つの引数を受け取ってlong値の結果を生成する関数を表します。 applyAsLong(T, U)
ToDoubleBiFunction<T,U> 2つの引数を受け取ってdouble値の結果を生成する関数を表します。 applyAsDouble(T, U)

Functionの特殊化型で、Function<T,T>のサブインタフェース

インタフェース 説明 抽象メソッド
UnaryOperator<T> 単一のオペランドに作用してオペランドと同じ型の結果を生成する演算を表します。 apply(T)

UnaryOperatorの引数および戻り値に対するプリミティブ特殊化型

インタフェース 説明 抽象メソッド
IntUnaryOperator 単一のint値オペランドに作用してint値の結果を生成する演算を表します。 applyAsInt(int)
LongUnaryOperator 単一のlong値オペランドに作用してlong値の結果を生成する演算を表します。 applyAsLong(long)
DoubleUnaryOperator 単一のdouble値オペランドに作用してdouble値の結果を生成する演算を表します。 applyAsDouble(double)

BiFunctionの特殊化型で、BiFunction<T,T,T>のサブインタフェース

インタフェース 説明 抽象メソッド
BinaryOperator<T> 同じ型の2つのオペランドに作用してオペランドと同じ型の結果を生成する演算を表します。 apply(T, U)

BinaryOperatorの引数および戻り値に対するプリミティブ特殊化型

インタフェース 説明 抽象メソッド
IntBinaryOperator 2つのint値オペランドに作用してint値の結果を生成する演算を表します。 applyAsInt(int, int)
LongBinaryOperator 2つのlong値オペランドに作用してlong値の結果を生成する演算を表します。 applyAsLong(long, long)
DoubleBinaryOperator 2つのdouble値オペランドに作用してdouble値の結果を生成する演算を表します。 applyAsDouble(double, double)