読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「終わりよければすべてよし」みたいな姿勢はやめよう

雑記

社内研修などで自社の強みや弱みを分析するグループワークがあると、強みのキーワードとして「技術力が高い」が割とよく挙がります。ただ、技術力が高いということは何を根拠に言えるものなのか。

で、そのあたりのディスカッションになると以下のような話を聞きます。

  • 有名なプロダクトを扱っている
  • 大手のお客様を相手にしている
  • なんかのアワードを受賞している

これらが間違っているわけではないし実際にそうだと思います。個人的にスゴいと思えるエンジニアはたくさんいます。
しかし、蓋を開けてみれば実情は厳しいものがあります。

ドキュメントやソースコードは可読性/保守性に欠けるものであったり、そもそも設計書と言えるものが「画面設計書」程度しか存在しないプロジェクトがありました。
また、かつては ITa/ITb でモグラ叩きのようにバグを出しては直す、みたいなことを繰り返すプロジェクトもありました。

サービスインには漕ぎ付けても、それをメンテナンスするのはかなり厳しいわけです。

もちろんすべてのプロジェクトがそうではないですが、数字としての「成果」はよくてもこのような開発プロセスで「技術力が高い」と言っていいのだろうか、と思います。

バグの芽は早い段階に摘み、保守性の高いドキュメントやソースコードを残せるようにプロジェクト全般に亘って組織的にコントロールできることも高い技術力の裏付けになるはずです。
組織の技術力を「成果」だけで判断せず、途中の「プロセス」も重要視する必要があり、いい成果を狙うだけでなく、プロセスを改善することも大事であると考えています。

まとめ

とにかく「終わりよければすべてよし」みたいな姿勢はやめよう。という愚痴でした。