サービスインと切り戻しについて

先日、お客様サイドで新規システムのリリース対応がありました。

が、新規システムに正しくデータが連携できなったようで、長時間の作業も虚しく、残念ながら切り戻しとなりました。ちなみに、切り戻しと言うのは、新規システムのリリースを取り止めて旧バージョンのシステムに戻すことです。

お客様サイドでは、不備(不整合)のあるデータを地道に直していたようなんですが、さすがに終わる見通しが付けられなかったようです。それでも、切り戻しの判断が下るまでかなり長い時間に亘って作業を続けていました。

なんとかリリースをやり切ってサービスインしようというような意思は感じましたが、もう少し早いタイミングで決断できなかったものか。

もしかしたら、見える範囲ではやり切れるという自負があったのかもしれません。しかし、見えないところに深い落とし穴はあるものです。

事前にリリース計画や作業手順は準備していても計画通りにいかないことはあると思います。計画にないタスクを手探りな状態で進めていると、次第に思考の冷静さを欠いていきます。その結果、重要な判断が先延ばしになり、ズルズルと長い時間に亘って悪い状況が続くことになります。

そうなる前に勇気をもってストップをかけられるか。切り戻しという決断ができるか。これが重要だと思いました。もちろん、事前に切り戻しの計画を立てていることも大事です。切り戻しで事故ったらどうしようもないので。

ただし、おそらく渦中のひとはこういう決断はなかなかできないので、マイルストーンを置いてこれに従うことを徹底するのがポイントだと思います。それか、当事者以外のひとがスケジュールを管理するか。

あと、システムは、切り戻し可能で、かつ切り戻し易いアーキテクチャにすることが大事だと思います。

自分もリリース対応の支援という形で28時間勤務(汗)となってしまいましたが、なかなか勉強になる1日でした。