読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Spring Boot + Spring Batch + Java 6 でバッチを実装した話

Spring Boot Java

今回、Spring Boot + Spring Batch + Java 6 でバッチを実装する機会があったので、もろもろを備忘録としてまとめる。

開発環境

Spring Tool Suite v3.8.3 を使用。Spring Starter Project からプロジェクトを作成する。

  • Java Version 1.6
  • Spring Boot 1.4.3
  • I/O > Batch

Dependencies で Batch をチェックしてプロジェクトを作成すると、spring-boot-starter-batch の依存が追加される。

<dependency>
  <groupId>org.springframework.boot</groupId>
  <artifactId>spring-boot-starter-batch</artifactId>
</dependency>

プロジェクトを作成して、Run Spring Boot App すると以下のエラーが出る。

... nested exception is java.lang.UnsupportedClassVersionError: org/apache/tomcat/jdbc/pool/DataSource : Unsupported major.minor version 51.0

Tomcat JDBCJava 6 に対応していない模様。今回、Tomcat やデータベースを使う予定がなかったので、思い切って Tomcat JDBC を依存から除外する。

<dependency>
  <groupId>org.springframework.boot</groupId>
  <artifactId>spring-boot-starter-batch</artifactId>
  <exclusions>
    <exclusion>
      <groupId>org.apache.tomcat</groupId>
      <artifactId>tomcat-jdbc</artifactId>
    </exclusion>
  </exclusions>
</dependency>

とりあえず、Java 6 で Spring Boot + Spring Batch が動作することを確認。

Tasklet

今回は割とシンプルなアプリケーションだったので、Tasklet のみで構成。main メソッドからの流れは基本的に本家のクイックスタートの通り。> Spring Batch

プロパティファイル

今回、src/main/resources 下の application.properties の他に、エンドユーザが設定するプロパティファイルとして application-env.properties を用意しました。(アプリ内部で利用するプロパティとエンドユーザが設定するプロパティをファイルとして分割しようと思って)

application-env.properties は config ディレクトリに配置して、jar を実行するときに -Dspring.config.location でプロパティファイルのパスを指定すれば読み込める模様。尚、Linux 環境では --spring.config.location なので注意。これで30分くらいハマった…。

java -jar batch.jar -Dspring.config.location=config/application-env.properties

-Dspring.config.location で外部のプロパティファイルを指定したとき、クラスパス上の application.properties は読み込まれるのか不安でしたが、普通に読み込めました。このあたりは別エントリにまとめました。

Spring Boot で複数の @ConfigurationProperties のプロパティを読み込む - kntmr-blog

プロパティは @ConfigurationProperties を付けた Bean 経由で読み込む。@ConfigurationProperties は、カンマ区切りのプロパティを自動的に List<T> に格納してくれたり、Bean Validation と組み合わせてプロパティをチェックできるので便利。
以下の依存を追加。(@NotBlank とかを使おうとすると、STS が追加してくれる)

<dependency>
  <groupId>javax.validation</groupId>
  <artifactId>validation-api</artifactId>
  <version>1.1.0.Final</version>
</dependency>
<dependency>
  <groupId>org.springframework.boot</groupId>
  <artifactId>spring-boot-starter-validation</artifactId>
</dependency>

@NotNulljavax.validation.constraints パッケージで提供されているアノテーション@NotBlank, @NotEmptyHibernate Validator が提供するアノテーション。それぞれのおおまかな違いは以下を参考にさせていただきました。

@NotNull/@NotEmpty/@NotBlankの違い - 見習いプログラミング日記

Hibernate Validator のバリデーションメッセージは、デフォルトでは「may not be empty」のような英語メッセージとなる。今回、バリデーションメッセージを日本語化するために ValidationMessages.properties を追加したが、ログに出力されるメッセージが文字化ける…。アノテーションの message 属性に直接日本語を書くと問題ないんだけど。
で、ソースコードに直接メッセージを書きたくなかったのと、「may not be empty」でもまぁ問題ないかなということで、バリデーションメッセージの日本語化は諦めることに。

Logback

ロギングは Logback を使う。Logbackを使う場合は src/main/resources 配下に logback-spring.xml を配置する。今回は、コンソールとファイルに同じ内容を出力して、ファイルサイズでローテートするようにしている。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE logback>
<configuration>
    <include resource="org/springframework/boot/logging/logback/defaults.xml" />
    <include resource="org/springframework/boot/logging/logback/console-appender.xml" />
    <!--<include resource="org/springframework/boot/logging/logback/file-appender.xml" />-->
    
    <property name="LOG_FILE" value="../logs/batch.log" />
    
    <appender name="FILE" class="ch.qos.logback.core.rolling.RollingFileAppender">
        <file>${LOG_FILE}</file>
        <rollingPolicy class="ch.qos.logback.core.rolling.FixedWindowRollingPolicy">
            <fileNamePattern>${LOG_FILE}.%i</fileNamePattern>
            <minIndex>1</minIndex>
            <maxIndex>5</maxIndex>
        </rollingPolicy>
        <triggeringPolicy class="ch.qos.logback.core.rolling.SizeBasedTriggeringPolicy">
            <maxFileSize>100KB</maxFileSize>
        </triggeringPolicy>
        <encoder>
            <pattern>${FILE_LOG_PATTERN}</pattern>
        </encoder>
    </appender>
    
    <root level="INFO">
        <appender-ref ref="CONSOLE" />
        <appender-ref ref="FILE" />
    </root>
</configuration>

メッセージプロパティ

メッセージプロパティを使う場合は、src/main/resources の application.properties に以下の設定を追加する。

spring.messages.basename=messages
spring.messages.cache-seconds=-1
spring.messages.encoding=UTF-8

ソースコードからは MessageSource クラス経由で messages.properties のメッセージを取得する。

// MessageSource クラスを DI
@Autowired
private MessageSource messageSource;

// メッセージを取得
messageSource.getMessage(code, args, Locale.JAPAN);

Apache Commons IO

今回、あるディレクトリ配下のファイルを読み込んでごにょごにょする、みたいな要件がありました。Java 7 以降であれば、Files クラスとか Paths クラスとか何かと便利な API が使えていいんですが、今回は如何せん Java 6 …。というわけで、Apache Commons IO 2.3 を使う。

<dependency>
  <groupId>commons-io</groupId>
  <artifactId>commons-io</artifactId>
  <version>2.3</version>
</dependency>

あと、やっぱり try-with-resources が使えないのが地味にツライ。

パッケージング

パッケージングは mvn package するだけ。

ステータスコード

今回、Spring Batch で作成した jar をシェルスクリプトからキックして、RETVAL=$?ステータスコードを取得する想定でした。

当初、StepContribution#setExitStatus メソッドに ExitStatus.COMPLETED or ExitStatus.FAILED を渡して正常終了か異常終了を判別してみたものの、異常終了の場合でもステータスコードが 0 になる…。

// 正常終了
contribution.setExitStatus(ExitStatus.COMPLETED);
// 異常終了
contribution.setExitStatus(ExitStatus.FAILED);

というわけで、ChunkContext クラスから StepExecution を辿って、StepExecution#setStatus メソッドに BatchStatus.COMPLETED or BatchStatus.FAILED を渡すことで正常終了か異常終了を判別することができた。
ちなみに BatchStatus.FAILED を渡すと、ステータスコードに 5 が返る。

// 正常終了
chunkContext.getStepContext().getStepExecution().setStatus(BatchStatus.COMPLETED);
// 異常終了
chunkContext.getStepContext().getStepExecution().setStatus(BatchStatus.FAILED);

ちなみに本家のクイックスタートにも記載されているが、ステータスコードを返すときは main メソッドで以下のようにして System#exit を呼び出す。

public static void main(String[] args) {
    System.exit(SpringApplication.exit(SpringApplication.run(FooBatchApplication.class, args)));
}