読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JSON Server でダミーサーバを手軽に構築する

Node.js JSON

JSON を返すダミー API サーバを手軽に構築したくて調べてみたら以下が便利そうだったので使ってみる。

github.com


npm コマンドでインストール。

npm install -g json-server

JSON ファイルで API を作成する。以下の場合、exampleAPI のエンドポイント、values 以下がレスポンスボディとなる。

{
  "example": {
    "values": [
      { "id": "1", "name": "foo" },
      { "id": "2", "name": "bar" },
      { "id": "3", "name": "baz" },
      { "id": "4", "name": "hoge" },
      { "id": "5", "name": "fuga" }
    ]
  }
}

JSON Server を起動する。--watch オプションを付けると JSON ファイルの変更を監視してくれる。便利。

json-server --watch example.json

http://localhost:3000/example にアクセスすると以下の通りのレスポンスが返る。

{
  "values": [
    {
      "id": "1",
      "name": "foo"
    },
    {
      "id": "2",
      "name": "bar"
    },
    {
      "id": "3",
      "name": "baz"
    },
    {
      "id": "4",
      "name": "hoge"
    },
    {
      "id": "5",
      "name": "fuga"
    }
  ]
}

起動時に js ファイルを指定すれば、レスポンスデータを動的に生成できる。