読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「家事を手伝う」から考える主体性

雑記

数年前に結婚しましたが、たまに周りから「家事のお手伝いされてるんですか?うわー偉いですねっ!」みたいなことを言われたりします。

自分が男だからこそ言われることなんだと思いますが、この「家事を手伝う」という言葉に疑問を感じます。

じゃあ、ひとり暮らしをしているひとが自分で出した洗濯や洗い物を「手伝う」ことってあるんですかね。それはないですよね。当然、自分自身でやるべきことなので主体的にやるはずです。
結婚して共同で生活するようになったとしても、家事や育児は自分でやるべきことなので「手伝う」ではなく「主体的にやる」ことだと思っています。(もちろんすべての家事や育児をこなすのは厳しいので分担しますが)

これは仕事でも同じようなことが言えると思います。

やることを指示されるまで動かなかったり、こちらから質問しないと情報が出てこなかったり、とにかく受け身のひとがいます。
今はどういう状況にあって、必要なことはなんなのか、組織や個人の目的に向けて自分で考えて判断して、何かしら行動できるようになるといいと思います。

自分が組織(プロジェクト)の一員である、という当事者意識が主体的な言動に繋がるんだろうと考えています。

家事や育児、仕事において、主体性を欠いた言動は『サボり』と同レベルだと思っています。


とは言いつつもそんな自分もどちらかと言えば受け身タイプの人間なので、強い気持ちで立ち向かわないとなかなか主体的に行動できなかったりします...。

そして、今まさに洗濯をサボってこれを書いているわけです。(洗濯キライ...)