読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xcode で「The identity used to sign the executable is no longer valid.」が表示されるので証明書を更新する

iOS

iOS アプリ開発において証明書を更新するときのメモ。基本的に自分向け。CSR ファイルを作成するところから。

証明書署名要求 (CSR) ファイル作成

キーチェーンアクセスの証明書アシスタントで作成する。

  • メールアドレス : Apple ID のものを入力
  • 通称 : デベロッパーの名前
  • CA のメールアドレス : 空でOK

ディスクに保存と鍵ペア情報を指定にチェックする。鍵ペア情報は以下を指定する。

証明書 (cer) ファイル作成

Apple Developer Program で作成する。証明書が登録済みの場合は Revoke する。

CSR ファイルをアップロードして証明書 (cer) ファイルを作成する。作成した cer ファイルはダウンロードしてダブルクリックでキーチェーンに登録する。

Provisioning Profile 更新

上記で証明書を再作成して Pending の状態になっているはずなので、該当の Provisioning Profile を Edit して Certificates を更新する。

Xcode 上で、新しい Provisioning Profile をダウンロードする。

  1. Preferences -> Accounts タブ
  2. Apple ID を登録していない場合は登録
  3. View Details...
  4. Signing Identities に iOS Distribution がなければ追加
  5. Provisioning Profiles で該当の Provisioning Profile をダウンロード
PROJECT / TARGETS 更新

Xcode のプロジェクトを選択して PROJECT と TARGETS の設定を更新する。

  1. Build Settings > Code Signing
  2. Provisioning Profile を更新
  3. Code Signing Identity を更新

ビルドして証明書関連のエラーが表示される場合、Xcode を再起動してみる。または、以下の手順で Provisioning Profile を再更新してみる。

  1. Preferences -> Accounts タブ
  2. Provisioning Profiles の Profile を右クリック
  3. Show in Finder
  4. Provisioning Profile をすべて削除
  5. ダウンロード